「TryseeNet」(トライシーネット)は中国人の日本旅行をトータルサポートするモバイルシステムです

現金を使わない中国人

QRコード決済は小銭を持ち歩く必要がなく、偽札の問題もないなどの理由で、中国人の日常生活中で急速普及しています。2016年と比べると、地方と農村地区でも全面的に普及し始めました。

スマホを使ったQRコード決済が主流

TryseeNetのPOS端末や決済アプリの導入で、WeChat PayやAlipayといった訪日外国人向け決済サービスはもちろん、LINEPay、d払い、PayPay、RpayなどのQR決済も利用できるようになります。

「QRシール方式」と「端末方式」

QRコード決済の導入には「A.QRシール方式」、「B.端末方式」と「C.システム組込方式」の3つの方式があります。「C.システム組込方式」は、大掛かりなため主に大型量販店などの利用にとどまり、一般の店舗ではかんたんに導入できる「A.QRシール方式」または「B.端末方式」が利用されています。

「A.QRシール決済」の流れ

「B. 端末決済」の流れ

TryseeNet(トライシーネット)の特徴

導入事例

食べる

券売機

泊まる

買う

乗る

×