「TryseeNet」(トライシーネット)は中国人の日本旅行をトータルサポートするモバイルシステムです

中国の大手旅行サイトと提携

「同程旅游」は月間アクティブ会員1.21億を超える会員を有する中国の旅行ポータルサイトです。現在クルーズ船予約第一位、ホテル予約第三位、中国国内個人旅行予約第一位、飛行機チケット予約第二位、海外旅行予約第二位のシェアとなっています。

売上傾向を分析がカンタン!

旅マエ〜旅ナカ〜旅アトの全ての売上をスマホやパソコンで簡単に確認することができるため、さらなる売上アップのための精度の高い改善策を検討することができます。

政策関連

Q1
A1 2018年1月1日までそれぞれの銀行カードで一日に (海外のATMで) 引き出せる現金:1万元(約15万円)それぞれの銀行カードで一年間に(海外のATMで) 引き出せる現金:10万元以下2018年1月1日からすべての銀行カードで一日に (海外のATMで) 引き出せる現金合計額:1万元(約15万円)すべての銀行カードで一年間に (海外のATMで) 引き出せる現金合計額:10万元以下へ(大幅減)
Q2
A2 ①外貨真実性審査原則(決済機構は取引の真実性が要求される)
②取引情報収集は1件ずつ(ビッグデータ分析とモニタリングに関連するため、詳しいデータ収集が必要、国際収支申告,個人が以下売買、決済機関の取引記録保管の3つの側面で具体化されたデータ収集が要求される)
③KYC原則(「あなたの顧客を知る、あなたの業務を知る。」決済機関は、顧客の情報を十分調査し、把握しなければならない。監視重点は決済機関です)
④コンプライアンスの資金流出原則(貨物貿易、空港チケット、宿泊、留学、旅行など計11項)
⑤操作明細(1件5万ドル以内、T+1日売買済み、外貨準備金アカウント管理など)
Q3
A3
監督官庁:
中国人民銀行、国家外貨管理局、商務部、海関総署
監督目的:
①人民元為替レートの基本的安定を維持する
②国際収支を維持する
③資金流出を防ぐ
決済業務への影響:
①資本取引を厳に規制
②当座預金には制限がない
③すべてのクロスボーダーペイ業務は申告が必要
④中国監督官庁は、決済機関への検査権、処罰権を有する
Q4
A4 個人の外貨購入限度が、1人に当り年5万ドルです。 許可用途:旅行、留学生活費、学費、親族訪問、医療、非投資保険など 禁じ用途:不動産購入、証券投資、生命保険や投資型保険などまだ許可されていない資本投資
Q5
A5 監督官庁はクロスボーダー決済業務に対して、非現場・現場監視及び検査を行います。検査方法としては、決済機関へ定期・不定期に検査を行います。決済機関は抽選された取引の「商品名」及び「商品数量」を提出しなければならない。 その中に、コンプライアンスの機関は緩和政策が適用されます。また、検査結果が良好な機関は決済上限増加、経営範囲拡大などの緩和政策が適用されます。

使用関連

Q6
A6 POS端末とQRコードシールでwechatpay決済する際に、個人の一回と1日のそれぞれ決済の制限額が異なります。
例えば:
Wechatpayが工商銀行口座をリンクして支払う場合、
1回の決済額:1万元まで
1日の決済額:10万元まで
1月の決済額:10万元まで
各銀行の制限額:詳しくはこちら
Q7
A7 決済金の振込指示は、加盟店管理画面の振込指示機能を用いて自ら行います。ただし、当日を含む直近9日間の決済金の振込指示は行えないです。(振込手数料が加盟店負担になります)。
Q8
A8 Wechatpayが毎日午後12:00に各加盟店の口座の中にある当日の個人から引落しした決済金額を日本円に両替することを行います。翌日に当加盟店が返金金額相当の新たな支払金額がなければ、口座に人民元がないため、返金作業ができないです。